このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

令和2年10月1日

共済定期保険個人加入コース 退職後の継続加入について

共済定期保険は、制度の見直しを行ない、令和3年4月1日より退職や任意継続の脱退等による資格喪失日以後(以下「退職後」)も最長70歳まで継続加入できるようになりました。

ただし、退職後の責任開始期において保険年齢が50歳以上(注釈)かつ1年以上共済定期保険事業に加入(保険料を2回以上振替)している人が対象となります。

また、対象となる人は自動継続となりますので、脱退を希望する場合は、手続きが必要です。脱退の手続きを行なわないと、保障を継続することになり、保険料は返金されませんので注意してください。

詳しくは、10月中旬から下旬に学校等宛てに送付するパンフレットをご覧ください。

(注釈)
令和2年度退職(任意継続の脱退を含みます)の場合、退職後の責任開始期は令和3年4月1日、保険年齢が50歳以上となるのは昭和46年10月1日以前生まれです。
担当部署福祉部保健課
電話:03-3813-5321

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る