このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

被扶養者の国内居住要件にかかるQ&A

Q1国内に居住しているかどうかは、どのように確認したらよいですか。

A1住民票で確認を行なってください。国籍にかかわらず、日本に住民票がある人は、原則、国内居住要件を満たす人となります。

なお、日本に住所があっても例外として被扶養者から除外される人がいます。

Q2被扶養者の認定申請をする場合、国内居住を確認するために、住民票の添付は必要ですか。

A2国内居住を確認するための住民票の添付は、原則必要ありません。「被扶養者認定申請書」に被扶養者となる人のマイナンバー及び住所を必ず記入してください。

なお、同居が要件の被扶養者認定申請については、これまでどおり住民票の添付が必要となります。

Q3国内居住要件の例外となる人はどのような人ですか。また、手続きは必要ですか。

A3国内居住要件の例外に該当する人は、次の表のとおりです。

例外に該当したとき、又は不該当となったときは「被扶養者国内居住例外該当・不該当届出書」により手続きをしてください。届け出の際には、次の表を参考にいずれかの確認書類を添付してください。

なお、確認書類が外国語で作成されたものは、翻訳者が記名した翻訳文を添付してください。また、確認書類について写しを添付する場合は、学校法人等(任意継続加入者の場合は本人)で原本証明をしてください。

例外として認められる人と確認書類の例
例外として認められる人 確認書類の例
1.外国において留学をする学生 ビザ、学生証、在学証明書、入学証明書等の写し
2.外国に赴任する加入者に同行する者(原則:配偶者、子のみ ビザ、海外赴任辞令、海外の公的機関が発行する居住証明書の写し
3.就労以外の目的で一時的に海外に渡航する者(観光、保養又はボランティア活動等) ビザ、ボランティア派遣機関の証明、ボランティアの参加同意書等の写し
4.加入者の海外赴任中に出産・婚姻等で身分関係が生じた者 出生や婚姻等を証明する書類等の写し

Q4「国内居住要件を満たさない被扶養者」及び「日本に住民票があっても例外として被扶養者から除外される人」がいる場合、どのような手続きが必要ですか。

A4「被扶養者取消申請書」を提出してください。被扶養者の要件を欠くに至った理由欄は「6.その他」に丸印をし、「国内居住要件不該当」又は「例外として除外」と記入してください。年月日欄には「外国に渡航した日」等となります。

なお、取消日以降に加入者被扶養者証を使用して保険診療を受けた場合、医療費等の全額を返還することになりますので、手続き漏れに注意してください。

Q5国内居住要件の例外に該当する被扶養配偶者がいます。国民年金第3号被保険者に関する手続きは必要ですか。

A5国民年金第3号被保険者についても国内居住要件が定められたため、例外となる人については、「国民年金第3号被保険者関係届」により手続きが必要です。

被扶養者の認定や取り消しの詳細

担当部署 業務部資格課
電話:03-3813-5321(代表)

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る