このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

福祉事業関係(加入者貸付)〔担当部署:福祉部貯金・貸付課〕一部取扱終了

定期償還期限の延長取扱終了

激甚指定された災害により被災された借受人からの申し出により、すべての貸付け(特殊住宅貸付を除きます)について、2年間を限度として定期償還期限を延長します。延長の申し出は、「定期償還期限延長承認願(既貸付者)」に、「り災証明書」を添付し、令和2年12月28日(必着)までに申し出てください。

なお、定期償還期限延長期間中の利息は、年0.008%の固定利率とし、延長期間終了後に、一括又は分割でお支払いいただきます。

激甚指定された災害により被災された加入者への貸付け

特例住宅貸付

・貸付限度額
貸付申し込み時における退職手当の見込額に600万円を加えた額
(ただし、その額が2,000万円を超えるときは2,000万円)
・貸付利率
年0.008%(固定利率)
・申込期限
令和5年7月28日(必着)
・その他
申し込みに当たっては、「貸付申込書(様式第1号)」の貸付事由欄に「激甚災害」と記入し、通常の住宅貸付に必要な添付書類のほかに、「り災証明書」を添付してください。
また、申し込み時に、「定期償還期限延長申請書(新規貸付者)」により申し出ることで、初回償還分から2年間を限度に定期償還期限を延長します。

特例災害貸付

・貸付限度額
標準報酬月額の6ヶ月分相当額
(ただし、その額が200万円を超えるときは200万円)
・貸付利率
年0.008%(固定利率)
・申込期限
令和3年7月30日(必着)
・その他
申し込みに当たっては、「貸付申込書(様式第1号)」の貸付事由欄に「激甚災害」と記入し、「り災証明書」を添付してください。
また、申し込み時に、「定期償還期限延長申請書(新規貸付者)」により申し出ることで、初回償還分から2年間を限度に定期償還期限を延長します。
注釈1
「定期償還期限延長承認願(既貸付者)」及び「定期償還期限延長申請書(新規貸付者)」には、借受人(又は申込人)及び学校法人等代表者の押印が必要です。用紙は、私学共済ホームページからダウンロードできます(任意の用紙でも結構です)。
注釈2
貸付申し込み時に「り災証明書」が入手できず、添付が困難な場合は、申込人による理由書(後日、「り災証明書」を提出する旨の記載があるもの)及び申込人が被災された旨の学校法人等の証明書(併記可)を添付してください。

担当部署福祉部貯金・貸付課
電話:03-3813-5321(代表)

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る