このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

共済だよりトピックス(第71号)

令和4年分「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を受け取られた人へ

  • 対象者宛てに9月中旬に送付しました。
  • 対象者は、私学事業団から支給する年金が源泉徴収対象額以上の受給者です。
  • 遺族・障害の受給者(注釈1)は送付していません。

提出期限

令和3年10月8日(金曜日)

送付の対象者

老齢又は退職の年金のうち、私学事業団から令和4年に支給する年金額が下表の源泉徴収対象額以上であれば「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」(以下「扶養親族等申告書」といいます)の対象者です。

表 源泉徴収対象額 (注釈2)
65歳未満(昭和33年1月2日以後に生まれた人) 年金額が108万円以上
65歳以上(昭和33年1月1日以前に生まれた人)
・国民年金の老齢基礎年金の受給対象とならない人(注釈3)
・国民年金の老齢基礎年金の受給対象となる人
年金額が158万円以上
年金額が80万円以上
(注釈1)
遺族・障害の年金は非課税のため、金額にかかわらず「扶養親族等申告書」は送付しません。
(注釈2)
源泉徴収対象額未満の人は源泉徴収の対象とならないため、「扶養親族等申告書」は送付しません。
(注釈3)
昭和61年3月31日以前に退職(老齢)の年金の事由が発生している人等が該当します。

  • 老齢厚生年金、退職(共済)年金などの公的年金は、所得税法上「雑所得」として、年金の支払いの際に所得税が課税(源泉徴収)されます(ただし、上記(注釈2)の人は除きます)。
  • 「扶養親族等申告書」を私学事業団に提出すると、年金から所得税を徴収する際に所得控除(寡婦・ひとり親控除、障害者控除、配偶者控除、扶養控除などの人的控除)を受けることができます。
  • 税制改正により、提出しない場合でも令和2年の年金の支払いから、受給者ご自身の基礎的控除を受けることができるようになりました。
担当部署年金部
電話:03-3813-5321(代表)

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る