このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

共済だよりトピックス(第70号)

令和3年度の年金額 ~「改定通知書」を送付します~

「改定通知書」を送付します

年金額は前年度から0.1%の引き下げ

今年度の年金額は、基本的に前年度から0.1%の引き下げとなりますが、年金の加入期間等によっては年金額が変わらないことがあります。今年度の年金額の改定に関する詳細は、「共済だより」第70号に同封した通知文「令和3年4月以降における年金額の改定等について」を参照してください。

金額は年額表示で、私学事業団が支払う年金を記載しています。

なお、例えば「退職共済年金」と「老齢厚生年金」のように、同じ事由の「共済年金」と「厚生年金」両方の受給権を持つ人の改定通知書は、1枚にそれぞれの内容を記載しています。

いずれも私学事業団が支払う年金について年額で記載しており、送金に際しては両方の額を合算して月額で支給します。

(注釈)
日本年金機構や公務員共済組合が支払う年金は含みません。

年金送金のお知らせ

6月定期支給(4・5月分)にかかる「年金送金のお知らせ」については、6月初旬に送付します。

「改定通知書」が同封されていない人

「共済だより」第70号に「改定通知書」が同封されていない人には、改めて「決定・改定・支給年金額変更通知書」により年金額等をお知らせします。

ただし、老齢厚生年金・退職共済年金の繰下げ待機をしている人には、支給開始の申し出をするまで「改定通知書」「決定・改定・支給年金額変更通知書」等の年金額の通知は送付しません。支給開始の申し出をしたいときは、私学事業団に連絡してください。

(注釈)
退職等年金給付における退職年金(年金証書記号番号の末尾が『E』又は『F』の年金)は、改定のルールが公的年金とは異なるため、今回は通知の対象になりません。

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る