このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

退職等年金給付の平成30年財政再計算結果

退職等年金給付の財政再計算は、退職等年金給付の財政が健全かどうかを検証し、その結果に基づいて適正な掛金率を定めるために行なう計算のことです。

このたび、平成30年財政再計算を実施した結果、掛金率は、表のとおり現行の掛金率と同率の1.50%をもって財政の均衡が図れることが確認されました。

表 財政再計算結果
金額(億円) 費用率
総給付費現価(A) 5,939 1.832%
退職等年金給付積立金(B) 1,102 0.340%
標準報酬等現価(C) 324,169
掛金率(A-B)/C 1.492%
〔注釈〕
  • 1.「現価」とは、将来における価格(価値)を、利率(基準利率等)により割り引いて、現時点での価格(価値)に置き換えたものです。
  • 2.財政再計算の結果、計算上の掛金率は1.492%となりますが、端数処理により1.50%として設定しました。

掛金率計算式は、総給付費現価から退職等年金給付積立金を差し引いたものを、標準報酬等現価で割っています。

担当部署企画室・数理統計室
電話:03-3813-5321(代表)

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る