このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここから

  • 加入者資格と掛金等
  • 短期給付(健康保険)
  • 年金等給付
  • 福祉事業

年金等給付

メニューここまで

本文ここから

障害基礎年金

支給要件

次の要件を満たしているときに、障害基礎年金が支給されます。

  1. 国民年金の被保険者中又は60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる間に初診日があること
  2. 障害認定日(注釈1)において一定の障害の状態(注釈3)であること
    (注釈1)
    障害認定日…初診日から1年6ヶ月後又は症状が固定された日(注釈2)をいいます。
    (注釈2)
    症状が固定された日…例えば、人工透析を開始してから3ヶ月を経過した日、人工弁やペースメーカーを装着した日、人工肛門の造設や尿路変更術を施してから6ヶ月を経過した日、などをいいます。
    (注釈3)
    一定の障害の状態…障害等級1級又は2級に該当することをいいます。公的年金制度としての障害等級であり、身体障害者手帳等の障害等級と一致するものではありません。
  3. 保険料の納付要件を満たしていること

保険料の納付要件

初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間の合算した期間が3分の2以上あることが必要です。

ただし、初診日が令和8年4月1日前にある場合は、初診日の前日において、その初診日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がない場合も納付要件を満たしていることになります。

年金額(平成31年4月1日時点)

障害基礎年金

  • 1級 975,125円
  • 2級 780,100円

子の加算額

  • 1人目・2人目の子(1人につき) 224,500円
  • 3人目以降の子( 1人につき)   74,800円
(注釈)
子の加算の対象者は18歳の年度末を迎えていない子又は20歳未満の障害等級1、2級の状態の子で生計維持関係にある子をいいます。
担当部署年金部年金第一課
電話:03-3813-5321(代表)

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る