このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、次の場合に配偶者又は子に支給されます。

  1. 被保険者が死亡したとき
  2. 被保険者であった人で、国内に住所を有し、かつ60歳以上65歳未満の人が死亡したとき
  3. 老齢基礎年金の受給者が死亡したとき
  4. 老齢基礎年金の受給資格を満たしている人が死亡したとき
(注釈)
3,4については、10年に短縮される法律改正は適用されず、原則25年以上の受給資格期間が必要です。

遺族基礎年金を受けられる遺族の範囲

被保険者等の死亡当時、その人によって生計を維持されていた配偶者又は子

  1. 配偶者
    2の子と生計を同じくしている配偶者

  2. 18歳の年度末に達していない子又は20歳未満で障害の状態(障害等級1又は2級)の子で、婚姻をしていないこと

保険料の納付要件

死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間の合算した期間が3分の2以上あることが必要です。

ただし、死亡日が令和8年4月1日前にある場合は、死亡日の前日において、その死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がない場合も納付要件を満たしていることになります。

年金額(令和3年4月1日時点)

遺族基礎年金の額は定額で、基本額が780,900円です。子が2人までは1人につき、224,700円を加算し、3人目以降は1人につき、74,900円が加算されます。

子のある配偶者に支給される遺族基礎年金の額

子が1人いる配偶者

基本額 780,900円
加算額 224,700円
合計 1,005,600円

子が2人いる配偶者

基本額 780,900円
加算額 449,400円
合計 1,230,300円

子が3人いる配偶者

基本額 780,900円
加算額 524,300円
合計 1,305,200円

子に支給される遺族基礎年金の額

子が1人のとき

基本額 780,900円
加算額
合計 780,900円

子が2人のとき

基本額 780,900円
加算額 224,700円
合計 1,005,600円

子が3人のとき

基本額 780,900円
加算額 299,600円
合計 1,080,500円
担当部署年金部年金第一課
電話:03-3813-5321(代表)

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る