このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここから

  • 加入者資格と掛金等
  • 短期給付(健康保険)
  • 年金等給付
  • 福祉事業

短期給付(健康保険)

メニューここまで

本文ここから

死亡した

加入者が死亡した・家族が死亡した

加入者が職務外の理由で死亡したときや、被扶養者が死亡したときに次の給付が支給されます。

被扶養者のいる加入者が死亡した

  • 埋葬料 50,000円
  • 埋葬料付加金 25,000円

被扶養者のいない加入者が死亡した

  • 埋葬料 50,000円の範囲内で、埋葬にかかった費用の実費相当額
  • 埋葬料付加金 埋葬にかかった費用が50,000円を超えるときに下記のとおり支給されます。
    埋葬にかかった費用-50,000円=支給額(25,000円の範囲内)

被扶養者が死亡した

  • 家族埋葬料 50,000円
  • 家族埋葬料付加金 25,000円

請求に必要な書類

なお、加入者の死亡で被扶養者がいない場合は、埋葬の費用(葬儀代)の内訳がわかる明細書と領収書(いずれも原本)を添付してください。

事情により必要となる書類

  • 状況報告書

退職後に死亡した

加入者が退職後(後期高齢者医療制度に適用されることにより、短期給付加入者資格を喪失する場合も含みます)3ヶ月以内に死亡したときは、埋葬料が支給されます(付加金は支給されません)。ただし、資格喪失後から死亡するまでの間に他の共済組合又は健康保険などの組合員、被保険者(国民健康保険・後期高齢者医療保険は除く)の資格を取得したときは支給されません。

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る