このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここまで

本文ここから

ご存知ですか?ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品を利用することによって、加入者等の皆さんの自己負担額が減ると同時に、保険者である私学事業団の給付費も削減できることになり、国の医療保険財政の改善にも資することになりますので、ジェネリック医薬品をご活用ください。

ジェネリック医薬品とは

医薬品には、薬局・薬店で販売されている一般用医薬品と、医療機関に受診したときに医師から処方される医療用医薬品があります。

医薬品の分類

さらに医療用医薬品には、医薬品メーカーで新しく開発される先発医薬品(新薬)と、先発医薬品の特許期間終了後に他の医薬品メーカーが同じ有効成分で製造・販売する後発医薬品があり、後者を「ジェネリック医薬品」といいます。

ジェネリック医薬品は、薬事法に基づいて、品質、有効性、安全性が新薬と同等であると厚生労働省が承認した薬です。また、飲みやすいように大きさや形が工夫されているものもあります。

医新薬の特許期間とジェネリック医薬品

どれくらい安くなるの

ジェネリック医薬品は、新薬よりも開発費用が少なくて済むため、新薬と比べて3割から5割ほど安くなることがあります。慢性的な病気で、長期間、処方薬を服用する場合は、ジェネリック医薬品にすることで、薬代を減らすことができます。

ジェネリック医薬品を調剤してもらうには

病院、診療所でお願いするとき

受診したときに窓口で「ジェネリックお願いカード」を提示するか、医師に申し出てください。

調剤薬局でお願いするとき

医師から発行された「処方せん」を確認してください。「変更不可」欄に「チェック(チェック)」や「×(バツ)」印がなく、また「後発医薬品への変更不可」欄に医師の署名、又は記名・押印がない場合は、ジェネリック医薬品に変更できます。

変更したいときは、窓口で「ジェネリックお願いカード」を提示するか、薬剤師に申し出てください。

「ジェネリックお願いカード」のダウンロードはこちらから[PDF形式/94KB]

処方せんのイメージ

あなたの薬を調べてみましょう

服用している薬を下記のサイトで調べてみましょう。日本ジェネリック医薬品学会が運営するサイトで、あなたの薬が新薬かジェネリック医薬品かが分かると同時に、薬価が分かります。

日本ジェネリック医薬品学会運営「かんじゃさんの薬箱」

http://www.generic.gr.jp

ジェネリック医薬品Q&A

ジェネリック医薬品にかかるよくある質問は、「短期給付(健康保険)Q&A」を参照してください。

ジェネリック医薬品については以下の団体でもご質問にお答えしています

日本ジェネリック製薬協会
電話:03-3279-1890

日本ジェネリック医薬品学会
info@ge-academy.org

社団法人 日本保険薬局協会
電話:03-3243-1075

ジェネリック医薬品の品質・有効性・安全性等に関するお問い合わせ先
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)くすり相談
平日9時~17時
電話:03-3506-9457

ジェネリック医薬品に関する情報

ジェネリック医薬品に関する情報は、下記ホームページからもご覧いただけます。

担当部署業務部短期給付課
電話:03-3813-5321(代表)

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

ページ
トップへ

フッターここまで

このページのトップに戻る