このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここから

  • 加入者資格と掛金等
  • 短期給付(健康保険)
  • 年金等給付
  • 福祉事業

福祉事業

メニューここまで

本文ここから

人間ドックの利用費用補助

人間ドックの受診日において、満35歳以上の加入者(任意継続加入者を含みます)、被扶養者及び75歳以上の教職員(注釈)が自己の健康管理に役立てるため自己負担により、人間ドックを利用した場合、年度内に1回に限り費用の一部を補助します。ただし私学事業団が指定する検査項目をすべて実施した場合に限ります。

(注釈)
後期高齢者医療制度の適用を受けることにより、私学共済制度の短期給付の適用を受けなくなった人で引き続き、勤務されている教職員(被扶養者は除きます)も対象になります。なお、75歳以降に新たに又は再び私学に勤務することとなった教職員は対象になりませんのでご注意ください。

平成31年3月31日までの受診日の人間ドック利用補助金請求書(ダウンロードはこちら)

平成30年度の基準検査項目表はこちら[PDF形式/176KB]

平成31年度より改正し、2年度に1回の補助となります。詳しくは保健事業の見直しをご覧ください。

平成30年度からの保健事業の見直しはこちら[PDF形式/402KB]

平成31年4月1日から基準検査項目が変わります。

平成31年4月1日以降の基準検査項目表はこちら[PDF形式/134KB]

平成31年4月1日以降受診の請求書については、ダウンロード可能になりましたらご案内します。

補助金額

補助率等
人間ドック区分 補助率 補助上限額
日帰りの人間ドック(2日通院を含む) 利用料金(消費税を除く)の50%相当額 25,000円
1泊2日以上の人間ドック

請求方法

画像:人間ドック利用補助申請方法

人間ドックの利用費用補助に関してのよくある質問(保健課)

Q1私学共済ブック〔保健・宿泊編〕に掲載されている、直営施設や契約施設で受診しないと補助の対象になりませんか?

A1直営施設及び契約施設では私学事業団が指定した検査項目をすべて実施できる施設として利用契約をしていますが、私学事業団が指定する検査項目をすべて実施できる健診施設であれば、どちらの健診施設で受診されても構いません。必ず、検査項目をすべて実施できるかどうか確認のうえ、健診施設の予約をしてください。なお、契約施設については一部の健診機関を除き、一般料金よりも割引で利用できます。

Q2人間ドックを受けようとした健診機関では、眼底・眼圧の検査のみできないと言われてしまいました。その場合は人間ドックの利用補助は受けることができませんか?

A2受けようとした健診機関の他に、眼底・眼圧の検査を別の医療機関や健診機関で検査実施することにより、併せて補助の対象とさせていただきます。その場合は人間ドック補助金請求書に不足した検査の領収書を添付してください。ただし、医療機関で保険診療として検査を受けた場合は領収書の写しを提出してください。

Q3脳ドックを受けようと思いますが、人間ドックの利用補助の対象になりますか?

A3指定された検査項目をすべて実施した場合にのみ補助をしていますので、脳ドック単独の受診では検査項目を満たしていないため、補助することはできません。(単独のPET健診やレディースドックも同様)

なお、指定する検査項目を全て実施する人間ドックの任意追加検査(オプション検査)として脳ドック等を受診した場合には、併せて補助の対象となります。

Q4任意継続加入者ですが、人間ドック利用補助金請求書はどちらに送れば、よろしいですか?

A4任意継続加入者の場合は学校法人等を経由せずに直接、下記の私学事業団の共済事業本部までご提出ください。

〒113-8441 東京都文京区湯島1-7-5 私学事業団 共済事業本部

担当部署福祉部保健課
電話:03-3813-5321(代表)

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る