このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

きょうさいトピックス

メニューここまで

本文ここから

平成30年8月9日

平成30年10月より標準報酬月額改定(随時改定)の取り扱いを一部変更します

平成30年10月より随時改定の取り扱いを一部変更します。具体的には、業務の性質上、例年定期的かつ季節的に報酬が変動することにより、通常の随時改定の標準報酬月額と年間平均額から算出した標準報酬月額(注釈)との間に2等級以上の差がある等、通常の方法(固定的給与の変動月から3ケ月間の月平均額)によって随時改定を行うことが著しく不均衡であると認められる場合について、報酬の年平均額による保険者決定が可能となります。なお、この改定は加入者本人の同意に基づくことが必要です。

(注釈)
昇給日(降給日)以後の継続した3ヶ月の間に受けた固定的給与の月平均額に昇給日(降給日)前の継続した9ヶ月及び昇給日(降給日)以後の継続した3ヶ月の間に受けた非固定的給与の月平均額を加えた額から算出した標準報酬月額。

年平均額による保険者決定を申し出できる場合の事例

学校等には、平成30年7月分の掛金等納付通知書(8月中旬発送分)に通知文を同封しましたので詳しくは通知文をご覧ください。

なお、「随時改定の年平均額による保険者決定に関するQ&A」を事務担当者ログインページへ掲載しましたので、併せてご参照ください。

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る