このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

きょうさいトピックス

メニューここまで

本文ここから

平成28年12月26日

スイッチOTC薬控除(セルフメディケーション税制の適用)のご案内

要指導医薬品及び一般用医薬品のうち医療用から転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)の平成29年1月1日からの購入費用について、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行った場合、新たな所得控除(セルフメディケーション税制)の適用を受けることが出来ます。

該当年に薬局等で購入したスイッチOTC医薬品が12,000円を超える場合には、その金額について(その金額が88,000円を超える場合には88,000円)、所得から控除される特例です。なお、従来の医療費控除との併用はできません。

詳しい内容は、厚生労働省ホームページ(セルフメディケーション税制)でご確認ください。

本特例措置を利用するときのイメージ

医薬品の領収書と併せて必要となる一定の取組を行ったことを明らかにする証明書類

(1.氏名 2.取組を行った年 3.事業を行った保険者、事業者、若しくは市町村の名称、又は診察を行った医療機関の名称、若しくは医師の氏名の記載が必要)

以下の順でいずれかが必要となります。

  1. インフルエンザ予防接種の領収書、又は予防接種済証
  2. 市町村のがん検診の領収書、又は結果通知表
  3. 職場で受けた定期健康診断の結果通知表
  4. 特定健康診査の結果通知表、又は健康情報冊子「QUPiO(クピオ)」
  5. 人間ドックやがん検診をはじめとする各種健診(検診)の領収書、又は 結果通知表

いずれの書類も用意できず、人間ドック利用費用補助を受けられている場合は、私学事業団で証明することが出来ます。

(注釈)
控除は、平成29年分の確定申告からの適用となりますので、まずは平成29年1月1日以降に受けるインフルエンザ予防接種や学校で実施する定期健康診断の書類を大切に保管してください。
担当部署福祉部保健課
電話:03-3813-5321(代表)

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る