このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

きょうさいトピックス

メニューここまで

本文ここから

平成28年8月10日

障害年金の診断書(精神の障害用)を作成される医師の皆様へ向けた、診断書(精神の障害用)の記載要領が示されました

私学事業団が決定・支給を行なう障害年金については、公的年金制度で共通の「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」に基づいて障害程度の認定をしています。

このたび、精神障害及び知的障害に係る障害程度の認定に、地域差による不公平が生じないようにするため、厚生労働省において「国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン」を策定し、平成28年9月1日から実施されることとなりました。


このことに伴い、診断書(精神の障害用)を作成される際の記載要領が厚生労働省において作成され、留意事項等が示されましたので、参考としてください。

なお、記載要領に書かれている「日本年金機構」は、「私学事業団」と読み替えてご覧ください。


「国民年金・厚生年金保険 診断書(精神の障害用)の記載要領」は厚生労働省ホームページに掲載されています。

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12512000-Nenkinkyoku-Jigyoukanrika/0000130048.pdf

担当部署年金部 年金第一課 年金第二係
電話:03-3813-5321(代表)

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る