このページの先頭です

ヘッダーここから

メニューここから

  • 加入者資格と掛金等
  • 短期給付(健康保険)
  • 年金等給付
  • 福祉事業

年金等給付

メニューここまで

本文ここから

年金見込額試算

老齢(退職)年金見込額の試算は、50歳以上の人を対象として行なっています。

見込額は、試算日現在の法律及び情報に基づき算出しますので、将来の受取額を保障するものではありません。

私学事業団広報相談センター相談班又は各ガーデンパレス(東京・京都を除きます)共済業務課まで、直接お越しいただくか、電話又は文書で依頼してください。

なお、50歳未満の人は、公的年金制度から送付される「ねんきん定期便」に記載している【これまでの加入実績に応じた年金額】を参照してください。

平成27年10月以降(27年10月に引き続く期間を含む)の引き続く加入者期間を1年以上有する62歳以上の人で、すでに退職又は3年以内に退職予定のある場合、退職年金(新3階年金)の試算も依頼することができます。

相談窓口はこちら

試算の条件

共通事項

私学共済加入中の人

年金額は、現在確認されている標準報酬月額が継続するものと仮定します。また、標準賞与額は今後の支給はないものと仮定します。

支給額は、私学における報酬等の情報を基に算出しますので実際の額とは異なります。

58歳までの人

  • 60歳まで(退職したものと仮定して)の私学共済加入期間で試算をします。
  • 60歳までに退職予定がある人は、退職予定日をお届けください。退職予定日までの加入期間で試算します。

59歳以上支給開始年齢到達前の人

  • 支給開始年齢到達日まで継続して加入したものとして試算をします。
  • 支給開始年齢到達日前に退職予定がある人は退職予定日をお届けください。退職予定日までの加入期間で試算します。

64歳以下の人

  • 65歳到達日まで加入したものとして、本来支給(65歳以降の年金)の試算をします。
  • 65歳到達日以前に退職予定がある人は退職予定日をお届けください。退職予定日までの加入期間で、退職改定(退職予定日までの期間)及び本来支給の試算をします。

65歳以上の人

  • 退職改定の試算をしますので、退職予定日をお届けください。
    (退職予定日が3年を超える場合は、試算できません)
  • 退職予定日が70歳以降の場合は、70歳到達日(みなし退職)での試算をします。

依頼方法

  • 加入者番号・氏名・生年月日・住所・電話番号を記入した「年金見込額試算依頼書」を提出してください。
  • 来訪の場合は、身分証明となる加入者証や免許証等が必要です。
  • お電話での回答は本人確認ができた場合に限らせていただきます。
  • 代理人からの依頼は、「年金見込額試算依頼書」と本人が記載した「委任状」が必要です。
    (来訪の場合は、代理人の身分を証明するものも必要です)

「年金見込額試算依頼書」「委任状」(ダウンロードはこちら)

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る