このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

ご存知ですか?ジェネリック医薬品

メニューここまで

本文ここから

ジェネリック医薬品を利用することによって、加入者等の皆さんの自己負担額が減ると同時に、保険者である私学事業団の給付費も削減できることになり、国の医療保険財政の改善にも資することになりますので、ジェネリック医薬品をご活用ください。

ジェネリック医薬品とは

医薬品には、薬局・薬店で販売されている一般用医薬品と、医療機関に受診したときに医師から処方される医療用医薬品があります。

医薬品の分類

さらに医療用医薬品には、医薬品メーカーで新しく開発される先発医薬品(新薬)と、先発医薬品の特許期間終了後に他の医薬品メーカーが同じ有効成分で製造・販売する後発医薬品があり、後者を「ジェネリック医薬品」といいます。

ジェネリック医薬品は、薬事法に基づいて、品質、有効性、安全性が新薬と同等であると厚生労働省が承認した薬です。また、飲みやすいように大きさや形が工夫されているものもあります。

医新薬の特許期間とジェネリック医薬品

どれくらい安くなるの

ジェネリック医薬品は、新薬よりも開発費用が少なくて済むため、新薬と比べて3割から5割ほど安くなることがあります。慢性的な病気で、長期間、処方薬を服用する場合は、ジェネリック医薬品にすることで、薬代を減らすことができます。

ジェネリック医薬品を調剤してもらうには

病院、診療所でお願いするとき

受診したときに窓口で「ジェネリックお願いカード」を提示するか、医師に申し出てください。

調剤薬局でお願いするとき

医師から発行された「処方せん」を確認してください。「変更不可」欄に「チェック」や「×」印がなく、また「後発医薬品への変更不可」欄に医師の署名、又は記名・押印がない場合は、ジェネリック医薬品に変更できます。

変更したいときは、窓口で「ジェネリックお願いカード」を提示するか、薬剤師に申し出てください。

「ジェネリックお願いカード」のダウンロードはこちらから[PDF形式/94KB]

処方せんのイメージ

あなたの薬を調べてみましょう

服用している薬を下記のサイトで調べてみましょう。日本ジェネリック医薬品学会が運営するサイトで、あなたの薬が新薬かジェネリック医薬品かが分かると同時に、薬価が分かります。

日本ジェネリック医薬品学会運営「かんじゃさんの薬箱」

http://www.generic.gr.jp

ジェネリック医薬品Q&A

Q1ジェネリック医薬品の原薬(医薬品製剤の中の1つ1つの有効成分を指します)は海外の粗悪なものを使っているのではないですか

A1有効性及び安全性において先発医薬品と異なる影響を与えるような純度の低い粗悪な原薬による製剤が、ジェネリック医薬品として承認されることはありません。承認審査の段階で、原薬及び製剤それぞれの品質がともに先発の医薬品の品質と同等あるいはそれ以上であるかを審査し、問題のない医薬品のみが承認されています。

Q2世界で最も進んでいるといわれる日本の医療の中で、どうしてわざわざジェネリック医薬品を普及させる必要があるのですか

A2日本の医療保険制度は昭和36年に「国民皆保険」を達成して以来、世界最長の平均寿命や高い保険医療水準を達成してきましたが、急速な高齢化の進展等、医療を取り巻く環境は大きく変化しており、医療保険財政の厳しさが続いています。将来にわたって、必要な医療を確保していくためにも、持続可能なシステムを作り上げていくことが必要となります。ジェネリック医薬品を普及させれば、開発費用を低く抑えられることから、低価格での医薬品供給が可能となり、薬剤費の自己負担を軽減できるほか、より革新的な新薬を医療保険で高く評価することによってその開発を促すなど、限られた医療費資源を有効に活用することができるようになります。

Q3ジェネリック医薬品の効き目や安全性は、先発医薬品と違いがあるのですか

A3ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同一の有効成分を含み、効き目や安全性が同等であると厚生労働省が承認したお薬です。
 具体的には、新薬と同じように体内で有効成分が吸収されるか確認する試験等を実施していて、その品質は新薬と同等であると厚生労働省から保証されています。
 また、ジェネリック医薬品は、医薬品メーカーによってお薬を飲みやすい形や大きさに変えるなどの工夫が図られていて、年々その製造技術は進歩しています。

ジェネリック医薬品については以下の団体でもご質問にお答えしています

日本ジェネリック製薬協会
TEL 03-3279-1890


日本ジェネリック医薬品学会
info@ge-academy.org


社団法人 日本保険薬局協会
TEL 03-3243-1075


ジェネリック医薬品の品質・有効性・安全性等に関するお問い合わせ先
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)くすり相談
平日9:00~17:00
TEL 03-3506-9457


ジェネリック医薬品に関する情報は下記ホームページからもご覧いただけます。

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る