このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

福祉事業

メニューここまで

本文ここから

多重債務による債務超過に注意

多重債務に陥るきっかけ

キャッシング、ギャンブル、投資、クレジットカードでの買い物、連帯保証人…。多重債務に陥るきっかけは様々ですが、共通していることは安易な気持ちでこれらを行なうことと資金計画を立てないことです。

多重債務に陥ると離婚や退職・病気など、生活に深刻な影響を及ぼす場合があります。安易で無計画な借入れなどが、自己の返済能力を超える大きな原因となりますので、絶対にやめましょう。

早い段階で相談しましょう

借金の返済に充てるために、他の金融業者から借り入れる行為を繰り返し、多重債務による債務超過に陥ると、個人の知恵や努力だけでの解決は極めて困難になります。

多重債務の相談を受け付けている下記の機関等に早い段階で相談を!

  • 消費生活センター
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 日本弁護士連合会
  • 日本司法書士連合会
  • 財団法人日本クレジットカウンセリング協会  等

貸付制限

私学事業団では、私立学校教職員共済制度貸付規則第5条に基づき、償還の確実性がないと判断した加入者に対して、貸付けの制限を行ないます。

事例

  • 自己破産・民事再生法の適用を申請した加入者
  • 過去に保険事故として処理された加入者
担当部署福祉部貸付課
電話:03-3813-5321(代表)

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る