このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

福祉事業

メニューここまで

本文ここから

データヘルス計画

データヘルス計画とは

データヘルス計画は、医療保険者が展開している様々な保健事業等をやみくもに実施するのではなく、医療保険者が保有している特定健診等のデータ及びレセプトデータを分析し、これを活用して、科学的にアプローチすることで事業の効率性を高め、国民の健康保持・増進に寄与することを目的としています。

データヘルス計画

画像:サンプル

日本私立学校振興・共済事業団の取組み

私学事業団は、これまで保健事業の一環として、特定健診及び特定保健指導を実施し、メタボリックシンドロームの予防を行なってきました。また、医療保険者として、皆様が病院等を受診した際にかかる医療費(保険診療分)についても、病院等から請求されるレセプトに基づき、請求された病院等へ支払いを行なっています。

こうした状況から、私学事業団は特定健診等とレセプトの両方のデータを保有しており、このメリットを活かして、両方のデータを分析し、特定健診及び医療費の動向把握を行ないました。

この特定健診及び医療費の動向把握のほか、これまで実施してきた特定健診等の事業の洗い出しを行ない、これらをベースとして私学事業団における健康課題を抽出し、27年度から3年間の実施計画等をとりまとめ、データヘルス計画書を作成しました。

私学事業団は、データヘルス計画書に基づいた事業展開を計画的に実施することにより、加入者等の皆様の健康づくりへの取組みを今後も推進してまいります。

データヘルス計画書はこちら[PDF形式/995KB]

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る