このページの先頭です

ヘッダーここからヘッダーをとばして本文へ

メニューここから

メニューをとばして本文へ

福祉事業

メニューここまで

本文ここから

データヘルス計画

データヘルス計画とは

国が進める健康増進、健康寿命の延伸、医療費適正化などを背景に、医療保険者がより有効で効率的な保健事業を実施するための方法として、データヘルス計画が開始されました。

データヘルス計画は、医療保険者が保有するレセプトデータと特定健診データを分析することによって、加入者等の健康状態や健康課題等を明確にし、データに基づいた有効な保健事業をPDCAサイクルで効果的・効率的に実施するための事業計画です。

データヘルス計画

日本私立学校振興・共済事業団の取り組みと第二期データヘルス計画

私学事業団の保健事業は、教職員の健康増進と福利厚生を図るため、さまざまな事業を展開しています。その中でも、生活習慣病の予防として取り組んでいる特定健診・特定保健指導は、実施当初から、加入者等に対し個別の健康診断の結果を踏まえた健康アドバイスを掲載した健康情報冊子を配布しており、同時にWebによる健診結果の情報提供と個人の取り組みを促すメニューを用意してきました。また、学校訪問型特定保健指導も導入し、国が推進する事業主と医療保険者の協働(コラボヘルス)にも早くから積極的に取り組んできました。

今回作成した「第二期データヘルス計画書」では、第一期よりも詳細な医療費分析や健康課題の抽出を行ないました。保健事業として取り組むべき疾病や健康課題を明確にし、展開している保健事業がどのような課題に対し、どのような成果を目指して実施している事業なのか、わかりやすく示しています。

加入者・被扶養者の皆様だけでなく、学校法人等において教職員の健康管理に携わる方々、そして学校経営を担う事業主の皆様にも、ぜひご一読いただき、私立学校に勤務する教職員の皆様の疾病予防・健康づくりにおける私学事業団の取り組みに、ご理解ご協力をお願いしたいと考えています。

データヘルス計画書はこちら[PDF形式/875KB]

このページのトップへ戻る

本文ここまで

サブメニューここから

サブメニューここまで

フッターここから

フッターここまで

このページのトップに戻る